2017年6月23日金曜日

VRCグランドカンファレンス 神経病シリーズ

 昨日夜9時より、ネオベッツ主催で行われた神経病学セミナーに参加して参りました。今回は “脳腫瘍・脊髄腫瘍の現在地” と題し、主に外科的手技についてお話しいただきました。犬猫の脳腫瘍で最も多い髄膜腫は、外科的に摘出する事が重要で、なおかつ術後の予後が期待できる腫瘍でもあります。現在では、脳実質を保護するためのセレシート、硬膜補填のための人工硬膜、部分的な欠損を埋めるフィブリン糊、頭蓋骨再建のためのチタンメッシュプレートなど人医先端素材を利用し、治癒の経過も良好です。猫は臨床症状は重く出ていても、髄膜腫の確率が高く、脳ヘルニアからの回復も期待できるため手術を検討する価値はあると思われます。

2017年5月28日日曜日

心疾患治療のこれから

 昨日夜9時より、ベーリンガーインゲルハイム主催で行われた「心疾患治療のこれから」と題した講演に参加して参りました。講師は九州で心臓外科を行っておられる平川 篤先生です。
 僧帽弁閉鎖不全症は犬では、非常にポピュラーな病気です。今では、弁形成術など外科的なアプローチをある程度、一般的に行えるようにまでなってきてはいますが、やはり治療の主体は内科的な薬物療法です。そのなかでもピモペンダンの使用方法は近年目覚ましい発展を遂げております。2016年に発表された症例数過去最大の大規模な二重盲検試験 EPIC Studyにより、その使用時期はステージB2の段階にまで進みました。これにより、肺水腫の発生を遅らせ、生活の質を高め、快適な時間を長く過ごさせることができるでしょう。

2017年5月21日日曜日

Dr.廉澤 手術ビデオを用いた外科セミナー 乳腺腫瘍

 昨日夜9時半より、北摂夜間救急病院にて行われた、酪農学園大学外科学教授 廉澤先生による乳腺腫瘍の外科に参加してまいりました。
 乳腺腫瘍は、犬猫では非常にポピュラーな腫瘍ではありますが、犬と猫での悪性度の違い、炎症性乳癌のような独特な病態を示す存在によって、診断から外科的治療の選択で実は、非常に悩ましい病気でもあります。人と違いエストロゲンレセプターの数が少ないなどホルモン療法などの治療のオプションも限られてきます。事前に免疫染色などを行っても、悪性度を決定することができず、基本取り残さない為に大きく取る事になります。
 今後、新しい評価方法が確立するまでは、出来るだけ早く、腫瘍が小さい間に、外科的に取るべきだと思われます。

2017年4月28日金曜日

VRCグランドカンファレンス 腫瘍学シリーズ

 昨日夜9時より、ネオベッツ主催で行われた腫瘍学セミナー “乳腺腫瘍”に参加して参りました。
 犬においては、一般的な腫瘍の一つに挙げられますが、実によく誤解され、またデータ的にも精査されていません。多くの国で様々な条件でデータが取られ、結論に根拠があるものでもありません。ただはっきりとしている事として、通常の乳腺腫瘍は拡大根治手術を行わなくても再発のリスクは低いが、激しい炎症を伴う乳癌については恐らく通常想定しているマージンをはるかに超える範囲で切除を行わなければ、再発防止にはならないという事でしょう。古くて新しいこの腫瘍について再度、慎重に対峙しなければならないと確信いたしました。

2017年3月20日月曜日

トイ犬種における橈尺骨骨折の治療

 昨日、朝10時より大阪府立大学 i-siteなんばにて行われた、「トイ犬種における橈尺骨骨折の治療〜匠が伝授する手術のコツとピットフォール」と題した日本獣医麻酔外科学会 第2回近畿地区講習会に参加してまいりました。夕方4時からは大阪府立大学の大橋文人先生の退職記念講演「獣医における軟部組織外科の過去・未来」も行われ、充実した1日となりました。
 講習会の内容としては、現在主に紹介症例を診察される近畿地区の整形外科の名医たちが、各々、理論的かつ臨床的に、いかにその症例に良い結果をもたらすかを語ってくださいました。私が以前、藤井寺動物病院にて御指導頂いた川田 睦先生も以前と変わらず、熱意に溢れた講演を聞かせてもらえました。現在はロッキングプレートを主体とした骨折部の固定が主流ですが、それだけでなく、従来型のコンベンショナルプレートと併設したり、ピンニングや創外固定を施したり、ロッキングプレートを創外(創内)固定的に設置したり、はたまた大阪大学やパナソニックと共同で、CT、3Dプリンターを活用し、カスタムメイドのプレートを実際の治療に取り入れていらっしゃる先生もおられました。
 現在でも獣医医療は進歩し続けていますが、1日1日は実感できるものではありません。しかし最後の大橋先生の講演を聞きながら、私が臨床に出てからの22年をひしひしと実感してしまいました。